中国VOCs規制にかかる対応調査

中国で2020年3月に発表されたVOCs関連規定への対応の必要性を弊社が調査します。

中国では2020年3月に7つ(塗料や接着剤など)のVOCs関連規定が発表されました。現在、弊社には日本企業の皆様より以下のような相談を受けております。

【相談事例】
・ 用途ごとに規定が決まっているけど、自社製品が適用範囲か?
・ 中間体ではないのか?免除されるのではないか?
・ 硬化剤は接着剤の規制対象か?
・ 中国の顧客からリストを送られてきたが、なにか?

規制の中には2020年12月から実施されるものもあり、日本企業には国内外より早急な確認・対応・対策が迫られております。

このような状況を少しでも打開するために、弊社では規制対象の該非判定を業務として立ち上げました。

業務内容
【こんなときに役に立ちます】
・顧客からリストが送られてきて、対応してくださいと言われた → 弊社の調査報告を提示 → 対象外だ → 顧客も納得
・中間体かどうか、社内で意見がまとまらない → 弊社の調査報告を提示 → 一定の方向で議論が進む
・代替を迫られている → 弊社の調査報告を提示 → 対象外だ → 顧客も納得

【弊社が報告することへのメリット】
・信頼性の確保:第三者(利害関係者ではない)
・時間の削減:当局からのヒアリングは時間を要する
・時間・コストの削減:専門家を自社で育てるにはコストと時間を要する
まずはご相談を!

関連サービス
中国 VOCs(揮発性有機化合物)規制対応に関する総合サポート
中国VOCs規制にかかる試験手配代行
中国VOCs規制のトラブルモニタリング
中国「VOCs(揮発性有機化合物)規制動向調査」



ご相談・お問い合わせはこちら